作業服の男性と印刷機械

印刷検査装置なら品質チェックにかかるコストを削減可能

印刷検査装置を導入して業務の効率化を図ろう

大量の製品を製造する際、必ず製品に印字されるのが製造番号や賞味期限などです。この製造番号や賞味期限の印字は間違いが有ると製造ラインに多大な影響を与え、一つのミスが大きな損害につながりかねません。そこで企業は多くの人を配置し間違いを見つけたりしなければなりません。しかし慣れた人でも見落としやすいので配置できる人数を増やしたり。時間で交代したりしなければなりません。もしもその人事配置を別の場所で活かせたら業務の効率化に繋がるでしょう。そこでおすすめなのが印刷検査装置の導入です。印刷検査装置は、製品に印字された文字を読み取り、判定や確認そしてデータとして蓄積できる装置です。機械で読み取る事によって正確な判定が可能です。人の判定ではミスが出てしまう事が有りますが、印刷検査装置ではミスや漏れを無くすことができます。そして製造ライン上で検査できますので、新たなスペースも必要有りません。また正確な検査になるので品質の向上も期待できます。印刷検査装置を導入しようとお考えの企業担当者の方は、まず印刷検査装置を比較するのが良いでしょう。印刷検査装置は機能や価格が様々ですので、比較する事で導入すべき機器が分かるでしょう。印刷検査装置、比較で検索してみましょう。

topics

contents

企業の信頼性を守る印刷検査装置導入のメリット

企業にとって印刷物は大切な商品である場合もありますから、誤植などがあっては企業の信頼性に関わってきます。そのようなミスがないように社内のスタッフが印刷物の…

more

メリットが大きい印刷検査装置の特徴について

印刷会社や製紙会社などは印刷物の検査を行うことが必要不可欠ですが、その検査をできるだけ楽にするには印刷検査装置の導入が効果的です。なぜなら印刷検査装置を導…

more

印刷検査装置を導入すれば顧客満足度を高めることにつながる

印刷会社が納品物の品質を向上させて顧客満足度を高くしたければ、印刷検査装置の導入を検討することが急務です。なぜなら納品物の検査を人がしていたのでは、どうし…

more

印刷検査装置を導入して業務の効率化を図ろう

大量の製品を製造する際、必ず製品に印字されるのが製造番号や賞味期限などです。この製造番号や賞味期限の印字は間違いが有ると製造ラインに多大な影響を与え、一つ…

more

recent news

このページのトップへ